物流お役立ちノウハウBlog
「軽くて強い輸出用パレット」ってあるんです
2021.04.13

「軽くて強い輸出用パレット」ってあるんです
パレットが重くて作業性が悪い、とか、輸送費に影響が出てしまっている、なんてことがありますよね。
そんな時は梱包資材を思い切って「鉄」にしてしまいましょう。
「それでは逆に重くなってしまう」って思ったかもしれませんが、そんなことはないんです。
鉄板をうす―くしてパレットを作ればいいのです。
0.4mmとか0.5mmの厚さの鉄板でパレットを作るのです。
そうすると逆に軽くて強いパレットを作ることができますよ。
例えば0.4mmの鉄板でもうまく折り曲げると驚くような強さになります。
巾85mm厚さ0.4mmの鉄板が1トンもの耐荷重を持てるようになります。
これを組み合わせれば、軽くて強いパレットになります。

でも素手では触らないでくださいね。

0.4mmの鉄板って、いわば刃物のように薄いですよ。
手袋着用でお願いいたします。

大阪府のある電機部品メーカーさんでは、「社員の腰が痛い」っていう訴えから
調査したところ、使用しているパレットの重量が28.9kgもあったのです。
それをスチールパレットに変更したところ13.4kgになり、15.5kgも軽量化できました。
半分以下になりましたよ。
下手したら労災になってしまうところギリギリだったみたいです。
パレット本体の重さや積載重量に悩んでいる時は
「鉄(スチール)のパレット」を検討してみてはいかがですか。意外と軽いですよ。
パレット自体が軽くなるだけでなく、輸送費のコストも軽くなるかもしれませんよ。

物流に関するご相談、お見積もりお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから

▲ TOP