物流お役立ちノウハウBlog
パレットと水分管理
2021.09.30

こんにちは!パレット相談員の松井です。

 ・輸出時にコンテナ内の水分管理で困っている。
 ・雨の後はパレットの乾燥が大変。
 ・パレットにカビが生えてしまった。

今回はこんな悩みを解決できる記事を準備しました。
また前回同様に採用事例も紹介しております。
是非参考にしてください。

『記録的な大雨』などの言葉を頻繁に聞くようになった昨今、
木製パレットを使用している企業様からよく聞く話なのですが、
パレットに含まれる水分で、
コンテナ輸送時にパレットや積載物にダメージを与えてしまう事が有るそうです。

そんな時はスチールパレットをご検討ください。
スチールパレットは鉄製の為、水分を含みません。
よって水分管理は空気中の湿気対策のみで大丈夫です。
水分を含まないという事でカビの発生も抑えることが可能です。

また弊社のスチール製パレット『ライトパレット』は
木製と同じくオーダーメイド設計が可能です。
さらに軽量・安価であるため、ワンウェイ輸出用に最適です。

弱電メーカーのA社は赤道を超える輸出の際に、
コンテナ内がサウナのように高温高湿度になり、
製品と梱包材が傷んでしまう事に悩んでおりました。
そこで弊社のライトパレットに切り替えることで、
大切な製品をより安全に運ぶとこが可能となりました。
また水分量が減ったことで乾燥剤の使用量も減らすことができ、
コストダウンの効果も有りました。

建機メーカーのB社は寒冷地への輸出の際に水分が凍ってしまい、
製品の梱包材を傷めることにとても悩んでおりました。
こちらもライトパレットに切り替えることで、無事解決となりました。

これを機会にスチールパレットでの水分管理についてご検討ください。
低コストでの導入が可能で、輸送費を抑えることができますので、
安全性の高い改善ができますよ。

物流に関するご相談、お見積もりお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから

▲ TOP